〒311-1136 茨城県水戸市東前1丁目206番地

お問い合せ:029-353-7711

水戸市 内科 呼吸器内科 アレルギー科 かめやま内科クリニック

HOME医師の紹介医院案内交通案内診療案内初診の方へ

健康診断

HOME»  健康診断

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

健康診断

健康診断

当院で行える一般的な健康診断は内科的診察を含む身体検査、視力検査、色覚検査、対話法による聴覚検査、心電図、胸部X線撮影、血液検査、尿検査、糞便検査等です。この範囲であれば個人健診、採用時健診、労働者定期健診等をお受けできます。検査の内容によって費用が異なります。詳細につきましては受付にお問い合わせください。
一方、当院には以下の機器等がありません。これらの機器が必要な検査につきましては、水戸中央病院等、近隣の医療機関に紹介させていただいております。したがいまして、全身をくまなく検査するという意味での人間ドックは行っておりません。

  • X線透視装置:胃の透視、注腸造影
  • 超音波診断装置:心臓、肝臓・胆のう・腎臓等の検査(CTでの検査は可能です)
  • 造影剤注入装置:血管造影を含む造影剤を必要とする検査(CTでも造影が必要なものは行えません)
  • 内視鏡:胃カメラ、大腸ファイバー、気管支鏡検査など

一方、当院の機器を活用して、一般的な健康診断以外に下記の検査を行っております。特に予約は不要です。

肺ドック

癌は日本人の死亡原因の第1位であり、癌の部位別死亡率では肺癌が胃癌を抜いて第1位となっております。肺癌の健診というと胸部X線による健診が主体ですが、通常の健診は正面写真を1枚しか撮影しません。胸のレントゲンは肺のほかにも心臓や肋骨が写っていて小さな異常陰影を見つけるのは困難であると言わざるを得ません。抗癌剤の進歩があるとはいえ、早期発見、早期治療が癌の治療として望ましいのは普遍的な事実です。CTであればレントゲンに比べて格段に早期に診断可能です。喫煙者などで慢性的な痰の自覚がある方は喀痰細胞診を併用するとさらに良いでしょう。当院では診療所としては破格の16列マルチスライスCTスキャナーを用いた肺ドックを行っております。

骨密度検査

骨密度検査というと整形外科の領域のようですが、内科疾患で使う薬でも骨粗鬆症が進んでしまうようなものがあります。厳密には整形外科での精密検査が必要ですが、骨粗鬆症をスクリーニングするために手のレントゲンを撮影して骨塩量を測る装置を導入しております。特に女性は閉経期を過ぎると健康な人でも骨密度が減ってきます。定期的なチェックをお勧めします。

終夜睡眠時ポリグラフィー(睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査)

日中の眠気がひどく、本を読んだりテレビを見ているといつの間にか眠ってしまう、いびきがひどく一緒に寝ている人に嫌がられる、寝ている間に息が止まると指摘された。このような方は睡眠時無呼吸症候群かもしれません。特に肥満がある場合には疑いが濃厚です。
睡眠時無呼吸症候群は高血圧症などの生活習慣病とも関係が深く、睡眠時無呼吸症候群の治療により血圧が正常化するケースもあるほどです。
睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合に行われる検査が終夜睡眠時ポリグラフィーです。眠っている間の検査であるために一泊入院が必要であったりしたのですが、当院ではご自宅で簡単に検査を受けられるシステムを採用しております。
簡易検査であるためにごく軽症の場合には脳波検査も併せて行う精密検査が必要となりますが、治療が必要な程度の睡眠時無呼吸症候群の場合にはこの検査で十分診断ができます。
ご自身で不安を感じておられる方、隣で寝ているご主人の息が止まっていると感じている奥様など、是非一度ご相談ください。