〒311-1136 茨城県水戸市東前1丁目206番地

お問い合せ:029-353-7711

水戸市 内科 呼吸器内科 アレルギー科 かめやま内科クリニック

HOME医師の紹介医院案内交通案内診療案内初診の方へ

予防接種

HOME»  予防接種

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

予防接種

予防接種当院では以下の予防接種を行っております。インフルエンザワクチン以外の予防接種につきましては予約をお願いしておりますので、ご希望の方は受付にお問い合わせください。
ワクチン接種に掛かる費用について一部もしくは全部を市町村が補助する制度がありますが、ワクチンによって、またお住まいの市町村によって補助の内容が異なる場合があります。これにつきましても詳細は受付にお問い合わせください。また、新生児、乳児のワクチン接種につきましてはお引き受けしておりません。3歳未満の方は近隣の小児科の先生にご相談ください。
 

インフルエンザワクチン

流行するウィルスの株を予測して、そのシーズンに合わせたワクチンが毎年作られます。ワクチンの効果は接種後2週間程度で現れ数ヶ月持続しますが、ワクチンでインフルエンザを予防するには毎年接種する必要があります。
インフルエンザワクチン接種については接種期間を設けさせていただいております。水戸市の補助金の対象期間を考慮して10月中旬から翌年1月末程度としておりますが、詳細につきましてはホームページ、院内掲示などでお知らせします。

成人用肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)

肺炎のワクチンと言われるのでこのワクチンを接種すると肺炎にならなくなるような印象がありますが、肺炎を起こす細菌のうち肺炎球菌のみを予防するものなので、肺炎にならなくなる訳ではなりません。
インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを併用すると、インフルエンザの流行期に老人ホームでのインフルエンザ関連肺炎での死亡者が減るという研究成績がアメリカから出たことで注目を浴びるようになりました。このことからするとインフルエンザワクチンとの併用が望ましいと思います。1回の接種で5年程度、効果が持続しますが、現時点では追加接種は1回しか認められておりません。追加接種では効果が続く期間は1回目よりも短くなると言われており、2回の接種でおおよそ10年程度の期間しか予防ができません。
国は65歳以上での接種を勧めておりますが、日本人の平均寿命を考えると、65歳から75歳までの10年間を予防して75歳以上の年齢では予防効果が切れてしまうというのは問題があるのではないかと考えております。
呼吸器系や循環器系に重篤な基礎疾患がある場合など以外では70歳から75歳ぐらいで1回目の接種を行うのが良いのではないでしょうか。

子宮頚癌ワクチン(サーバリックス、ガーダシル)

子宮頚癌がヒトパピローマウィルスの感染により発病することからこのウィルスの感染を予防することで子宮頚癌を予防するワクチンです。ウィルスが性的接触によって感染することから性的接触を行わない年齢のうちに接種することが推奨されていますが、特に接種年齢の規定はありません。2種類のワクチンがありますが、両方とも3回の接種が必要です。ガーダシルには尖圭コンジローマの予防効果もあります。

  • 麻疹ワクチン
  • 風疹ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 二種混合ワクチン
  • おたふくかぜワクチン
  • B型肝炎ワクチンなど

以上のワクチン以外のものでも卸業者から取り寄せて対応しますので、受付にお問い合わせください。