〒311-1136 茨城県水戸市東前1丁目206番地

お問い合せ:029-353-7711

水戸市 内科 呼吸器内科 アレルギー科 かめやま内科クリニック

HOME医師の紹介医院案内交通案内診療案内初診の方へ

診療案内

HOME»  診療案内

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

長引く咳

長引く咳

どの程度の期間、咳が続いていたら「咳が長引いている」と言うのでしょうか。
3週間以上続いていると遷延性咳嗽と言われ、2ヶ月を超えると慢性咳嗽と言われます。持続期間が短いものは感染によるものが多く、長引く咳では感染症ではない疾患による咳の割合が多くなります。
咳の程度、痰の有無、咳以外の症状などを参考に検査を進め、診断していく訳ですが、レントゲンで異常が見つかったりすれば、それが糸口となるので原因疾患を突き止めやすいということになります。
臨床の場で問題となるのは、言い換えると患者さんの悩みが解決しにくいのはレントゲンでも聴診でも異常が指摘できない慢性咳嗽です。代表的な疾患としては、咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症、感染後咳嗽、薬物による咳などがあげられます。あまり聞いたことがないような病名ばかりかもしれませんね。多くの場合、疑わしい疾患に対する治療を行ってみて、その結果を評価して原因疾患を診断するという方針を取ります。最初に疑った疾患に対する治療でうまくいけば悩んでいた咳が短期間で解消することもありますが、なかなか改善しないケースもあるのも事実です。そのような場合、患者さんと医師とのコミュニケーションが十分取れることが重要です。咳喘息に絡んで気管支喘息についても少し解説しておきたいと思います。参考にしてください。

 

気管支喘息

気管支喘息はアレルギーを主とする気道の慢性炎症により気道粘膜に損傷が生じ、このために気管支が過敏な状態になっていて、普通の人が刺激と感じないような気道に対する刺激に反応して呼吸困難、咳、喘鳴等の症状が起こる病気です。典型的な場合には症状は夜間から明け方に多く、急に息が苦しくなって横になれず、ゼーゼー、ヒューヒュー呼吸の音が聞こえるようになります。症状は発作性で治療や自然経過で改善し、症状がない時には普通に生活ができます。病状が典型的な場合には診断は比較的容易ですが、咳だけが慢性的に続く「咳喘息」というような典型的ではない病態もあり、診断に苦慮するケースも見られます。
発作を悪化させる要素にはいろいろなものがあります。ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットのフケなどのアレルゲンや風邪、インフルエンザなどの呼吸器感染症、季節の変わり目の気温の変化や低気圧、台風による気圧の低下、アスピリンなどの鎮痛剤やβ遮断薬という血圧の薬、冬の冷たい乾燥した空気、運動や精神的ストレス、女性の場合には月経や妊娠など、発作の誘因は多岐にわたります。
気管支喘息の治療はかつては発作を止めればよいと考えられていました。「発作止め」という吸入薬を持っていて、苦しくなったらこれを吸うという治療です。ところが、気管支喘息の病態が明らかになってきて、病気の中心に気道炎症があることが判明し、喘息の治療は大きく転換することになりました。起きてしまった発作を止めるのではなく、発作を起こさなくする治療です。この治療の中心的役割を担っているのが吸入ステロイドです。ステロイドと聞くと、医学的知識を多少お持ちの方は恐ろしい薬ではないかと不安になるかもしれません。確かに、内服薬、注射薬として長期間にわたってステロイドを全身投与する場合には免疫力低下、糖尿病・骨粗鬆症・胃潰瘍の合併、肥満の出現など、重大な副作用に注意を払いながらの管理が必要となりますが、吸入ステロイドは吸入という方法でステロイドを局所的に投与することで、その作用を気道に限定して全身的な影響をほとんど問題にならない程度に減らした薬です。妊娠中の女性にも安心して使えるような薬なのです。吸入ステロイドを中心とする気道炎症を抑える薬によって気道炎症が抑えられると気道の過敏な状態が回復し、発作が起きなくなって寛解状態が得られます。
「喘息予防・管理ガイドライン」などで気管支喘息に対する標準的治療法が示され、吸入ステロイドを投与される患者さんが増えるにつれて、喘息で亡くなる方の数は確実に減ってきていますが、高齢の患者さんでは吸入薬がうまく吸えないなど、ガイドライン一辺倒では解決できないケースもみられます。当院ではガイドラインに沿う一方で、患者さん個々の実情を考慮したオーダーメード治療を目指しております。

高齢者の息切れ

高齢者の息切れ

一口に「息切れ」と言いますが、患者さんによって感じ方はいろいろです。動いた時に呼吸が苦しくなる感じを「息切れ」と言うのですが、全力で50mも走れば誰でもハアハア息が苦しくなるでしょう。これを病気と判断して病院にかかろうとする人はいないと思います。では2階まで階段を歩いて上ろうとすると息苦しくて途中で休むとしたらどうでしょう。若い人では明らかにおかしいと感じると思いますが、高齢の方の場合、「歳のせいだから」で済ませてしまうかもしれません。確かに年齢とともに活動能力は低下していくのですが、「歳のせいだから」がどこまで当てはまるのか難しいところです。息切れのために日常生活で何か不都合を感じていたら、一度、医療機関を受診することをお勧めします。慢性閉塞性肺疾患、肺線維症、肺結核後遺症などの呼吸器疾患のほかにも、いろいろな心臓の疾患で起きてくる心不全や貧血などが息切れの原因になります。原因疾患を放置すると生命が脅かされるかもしれません。症状が治療すべき病気によるものなのか、「歳のせい」なのかははっきりさせましょう。動いた時に息切れを感じる病気の代表例として慢性閉塞性肺疾患について解説します。参考にしてください。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患とは、タバコ煙を主とする有害物質を長期にわたって吸入し続けることで生じる気道の炎症性疾患です。以前は肺気腫、慢性気管支炎と言われていた疾患を、それぞれ明確に区別するのが難しいために一つの疾患として理解しようとまとめた症候群です。我が国では原因のほとんどはタバコと考えられていて、喫煙者の15~20%が慢性閉塞性肺疾患になると言われています。気道病変による慢性の咳、痰、肺胞領域の気腫化による労作時息切れが典型的な症状ですが、我が国では気腫化による息切れを主とする患者さんがほとんどのようです。喫煙歴を有する40歳以上の方で慢性の咳、痰、息切れを認める場合に疑うべき疾患とされていますが、咳、痰の自覚に乏しくても、階段や坂道を上ると息が切れて途中で休みたくなる、荷物を持って歩いたり重いものを運ぼうとすると息が切れる、同じぐらいの年齢の人と一緒に歩くと息が切れてついていけないなどの症状を感じたら慢性閉塞性肺疾患の疑いがあります。
この病気は一旦発症すると肺の状態が良くなることはありません。それまでに起きてしまった肺の変化は回復しないのです。病気の進行を止めるのに効果があるのは、今のところ禁煙しかありません。肺の働きは健康な人でも年齢が進むことで徐々に低下します。慢性閉塞性肺疾患の患者さんは肺機能の低下が健康な人に比べて早いのです。禁煙すると肺機能の低下のペースを健康な人と同じ程度に戻すことができます。ただ、禁煙するまでに低下してしまった部分が改善する訳ではないので、禁煙は早ければ早いほど良いと言えます。病気が進行すると酸素不足が起こってきて酸素吸入が必要となる場合もあります。
病気を治したり、病気の進行を抑える薬はありませんが、自覚症状や肺の働きを改善する薬はありますので、苦痛を軽減して日常生活の質を高めていくことが治療の目的になります。呼吸困難を感じる患者さんの多くは痩せて筋力の低下をきたし、息切れのために減っている活動能力をさらに減らしてしまっています。このような方ではリハビリテーションが有効な場合もあります。
これまで、「肺気腫は治らない病気だから苦しいのは我慢するしかない」などと言われ、満足な治療が行われてこなかった疾患ですが、薬やリハビリテーションで病状がかなり好転した患者さんも少なからずいらっしゃいます。慢性閉塞性肺疾患でお悩みの方々の問題解決に諦めずに取り組んでおりますので、慢性閉塞性肺疾患でお悩みの方、疑わしいと思っておられる方は是非一度ご相談ください。

日中の眠気

日中の眠気

春眠暁を覚えず。春は誰しも眠いもの。とはいえ活動すべき日中に眠くて眠くて仕方がない。作業の効率は落ちるし、ミスも連発。これでは大変です。日中に眠くなる疾患の代表例として「睡眠時無呼吸症候群」を紹介します。

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸が止まってしまって体内の酸素が不足し、熟眠できないために睡眠不足となって日中に眠気を感じる疾患が睡眠時無呼吸症候群です。脳の呼吸中枢の機能が低下して起こる中枢型、喉の空気の通りが悪くなって起こる閉塞型、両者が混ざっている混合型があります。閉塞型は肥満によるもの、あごの発達が悪く顔が小さい場合などでみられます。日中、作業中などでも睡魔に襲われて眠ってしまうので、居眠り運転などで事故を起こしたりするため、個人的な問題だけでなく社会的にも問題となります。電車の運転手がこの疾患のために止まるべき駅で停車せずに通り過ぎたなどという報道もたまに目にしますね。これまでは日中の眠気に起因する作業能率の低下やミスが問題とされることがほとんどでしたが、最近ではこの疾患により成人病が悪化することが解ってきました。血圧が高かった患者さんが無呼吸の治療を行っただけで血圧が下がるようなことも観察されています。
この疾患を診断するためには終夜睡眠時ポリグラフィーという検査を行って睡眠中の呼吸の状態を調べます。この検査で睡眠時無呼吸症候群と診断されると治療を考える訳ですが、中枢型の場合には在宅人工呼吸療法が行われます。呼吸中枢から呼吸をするようにという命令が出ないので、必要な呼吸を機械でさせてあげる必要があるのです。閉塞型の場合、息をしようとしているのに喉のところで空気の通りが悪くて息ができない状態なので喉の空気の通りを良くする工夫が必要です。肥満を改善するのも大事なのですが、簡単に痩せられないのも事実ですし、痩せられるとしても痩せるまでの間は病状は改善しません。そこで在宅経鼻的陽圧換気療法が行われます。鼻を覆うマスクや口と鼻を覆うマスクを着けて機械と接続し、喉を内側から押し広げるように空気の圧力をかけます。こうすることで空気が通るようになって呼吸ができるようになり、十分な睡眠がとれるようになります。この他にもマウスピースをくわえて眠る方法があります。マウスピースは歯科の先生に作っていただくのですが、ただお願いしただけでは作成費用は自費になります。睡眠時無呼吸症候群である旨の紹介状を提出することで保険診療となります。
当院ではご自宅で簡便に終夜睡眠時ポリグラフィーをお受けいただけます。簡易的な機械での検査なので無呼吸の程度が軽いと判断がつかない場合もあり、その際には脳波検査も含めた精密検査が必要となりますが、当院で実施する検査は入院の必要もなく、日中眠気を感じる、いびきがひどい、寝ている間に息が止まっていると指摘されたなどの方はスクリーニング検査として是非ご利用ください。睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、在宅経鼻的陽圧換気療法の管理もさせていただけますし、マウスピースをお試しになりたい場合には歯科への紹介状の作成もお引き受けいたします。

糖尿病

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。

糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの合併症が起こります。食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。

 

高血圧症

高血圧症

高血圧症は、原因となる病気が特定できない本態性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分(90%以上)を占めます。ここでは、本態性高血圧について説明します。

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。

長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが起こります。

 

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニ、花粉など体にとっては異物である抗原(アレルゲン)を鼻の粘膜から吸入することによって体の中に抗体ができ、何度か抗原を吸入しているうちに抗体が増え、やがてアレルギー症状が起こってくる病気です。喘息との関連もあります。

アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎とがあります。通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは、ハウスダストやダニ、ペットの毛、カビ、などで、一年中症状があります。もう1つの季節性アレルギー性のアレルゲンは、スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉で、花粉症とも呼ばれます。花粉症の場合、目のかゆみ、涙目など目の症状を伴う場合が少なくありません。